はじめに

私(代表の泉)は元々刑事事件に関心があったことから、修習生時代はできるだけ刑事事件の公判の見学、そして、弁護士登録時から事情の許す限り国選事件を受任してきました。

この理由をあえて申し上げるならば、民事事件は極論すれば金銭の問題に収束し、もとより勝ち負けが会社の運命や人・家庭の運命を左右することも少なくはありません。しかし、後日に挽回ができるともいえます。

しかし、刑事事件の場合は、実刑判決であれ、執行猶予付き有罪判決であれ、特に実刑判決の場合には、その方の将来に重大な影響を与え、家族に多大な苦痛をもたらしたり、近所や友人知人から疎外されるなどその影響は極めて大きなものがあります。このような観点から、刑事弁護も当初は国選事件、その後は私選弁護を中心として、数えたことはありませんが、200~300件近く取り組んでおります。

当事務所は、民事事件を主として扱ってはおりますが、刑事事件についても、被疑者、被告人の今後の人生を民事事件以上に大きく左右するものとの位置づけで、取り組んでおります。もとより、示談、被害弁償活動を通して被害者保護にも資することを常に念頭に置いております。

これまでは、刑事弁護は、一部共同受任を除いて、大半は泉の単独受任で取り組んでおりましたが、平成23年6月1日付の弁護士法人化に伴い、代表の泉が主となり事務所として他の弁護士との共同受任体制にて刑事弁護に取り組んでいき、依頼者様やご家族のご依頼にできるだけ添えるよう全力を尽くして参る方針でおりますので、是非とも弁護士法人泉総合法律事務所にご相談ください。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア