被告人の供述調書(自白調書)

被告人の供述調書で不利益な事実の承認を内容とする場合には、その供述に任意性が認められる限り、証拠として扱われます。したがって、自白調書が作成される起訴前の捜査段階で弁護士の弁護を受けることが極めて重要になってきます。

被疑者にとっては、さしたる違いがないように思える表現でも法的評価においては全く異なることもありますし、捜査官の誘導に乗って推測(記憶ではなく)に基づいて被告人の不利益な事実を認める調書が作成されて一旦署名押印してしまうと、公判段階で調書の任意性を争い、裁判所に任意性がないと認められない限り証拠とされてしまいます。

その意味で警察段階、検察段階を問わず、自白調書の作成は極めて重要ですので、調書作成にあたって十分に注意すべきであり、任意性を後日争えるように、被疑者ノートを差し入れて被疑者に取り調べ状況を記載してもらうこと等が重要になってきます。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア