暴行罪、傷害罪

傷害罪

第204条
人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

傷害とは、他人の身体の生理的機能を毀損するものであり、手段を問いません。

たとえば、嫌がらせによってうつ状態にすることも傷害といえます。また、判例には、ラジオや目覚まし時計の音量を大きくして長時間慣らし続けて、慢性頭痛症や睡眠障害にした場合も傷害罪が成立するとしております。

また、故意をもって人に対して有形力を行使して(暴行を加えて)、その結果、傷害結果を生じた場合には、傷害結果に対する故意がなくとも、傷害罪が成立するとされています。

傷害致死罪

第205条
人の身体を傷害し、よって人を死亡させた者は、3年以上の有期懲役に処する。

判例は、人を死に至らしめたことについて、予見可能性(過失)がなくとも傷害致死罪が成立するとしております。

暴行罪

第208条
暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金又は勾留もしくは科料に処する。

暴行とは、人の身体に対する不法な攻撃方法の一切を意味します。

人の身辺で太鼓などを打ち鳴らす行為は暴行になります。人の身体に対してとは必ずしも身体に打撃を与えなくとも暴行になります。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア