強盗罪

第236条
1項 暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、強盗の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。
2項 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

強盗罪に該当するか、窃盗罪にとどまるかは、強盗罪における「暴行又は脅迫」の程度が問題となります。

判例は、暴行又は脅迫が社会通念上一般に被害者の反抗を抑圧するに足りる程度のものであるか否かという客観的基準によって決定されて、被害者が汎用卯を抑圧される程度か否かという主観的基準によるものではないとしています。
→普通の人ならば恐ろしいと感じない内容の暴行脅迫をした場合で、被害者が恐ろしいと感じ反抗できない状態になったとしても、強盗罪は成立しません。反対に、普通の人ならば恐ろしいと思っても、被害者が気丈で平然としていた場合でも、強盗罪は成立します。

  • 窃盗するつもりで、夜間通行中の女性のバックをひったくろうとして自転車で近づいてひったくった行為は、女性がバックを離さず、犯人がそのまま女性を引きずる形で自転車を運転していった場合には、強盗罪が成立します。一般にひったくり行為は強盗罪が成立すると考えていいかと思います。

事後強盗罪

第238条
窃盗が、財物を得てこれを取り返されることを防ぎ、逮捕を免れ、又は罪責を隠滅するために、暴行又は脅迫をしたときは、強盗として論ずる。

ここでいう「暴行又は脅迫」の程度も相手方の反抗を抑圧すべき程度のものたるを要するとされており、その程度は具体的状況に照らして判断すべきものとされています。

財物返還目的、逮捕免脱目的、罪障隠滅目的を有していれば足り、実際にそのような行為に出なくとも足りるとされています。
住居侵入窃盗において、被害者に気づかれて、犯人が脅したり、傷害行為に及ぶことが少なからずあり、その場合には、事後強盗罪が成立します。
なお、被害者がけがをした場合には強盗傷害罪という重罪に問われることになります。
万引き事犯でも、警備員に発見されて振りのけたところ、警備員が転倒した場合には、事後強盗罪、警備員がけがをすれば、強盗傷害罪が成立します。

強盗致傷罪

第240条
強盗が、人を負傷させたときは無期又は6年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。

強盗行為に関連して、故意だけでなく過失で人に傷害結果をもたらしたり、死亡結果をもたらした場合には厳罰に処せられます。
強取の手段としての暴行脅迫でなくとも、強盗の機会に傷害結果や死亡結果がもたらされた場合も強盗致傷罪に問われます。
窃盗の場合でも、逮捕を免れるために人に対し傷害結果や死亡結果をもたらした場合には、事後強盗罪が成立しますので、強盗致傷罪が成立します。
その意味では、窃盗罪が時によっては強盗致傷罪にまでなることが少なからずあります。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア