交通犯罪

交通犯罪には酒気帯び運転無免許運転などから人身事故まで様々なものがあります。

自動車を運転して人を死傷の結果をもたらした場合には、従来は業務上過失致傷罪で処断されていましたが、平成13年、16年、19年の改正により、危険な自動車運転による人身事故の増加によって厳罰化による抑止の観点から、新たな犯罪類型が設けられ、運転態様によって異なる犯罪が適用されます。

危険運転致死傷罪

きわめて危険な運転態様によって、人を死傷させた場合には危険運転致傷罪として

  • 負傷の場合は15年以下の懲役
  • 死亡の場合は1年以上の懲役

として処断されます。すなわち、

刑法208条の2、第1項

アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を運転させ、よって、人を負傷させた者は15年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は1年以上の有期懲役に処する。その進行を制御することが困難な高速度で、またはその進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させ、よって人を死傷させた者も同様とする。
 

刑法208条の2、第2項

人又は車の通行を妨害する目的で、走行する自動車の直前に侵入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転し、よって人を死傷させた者も、前項と同様とする。赤信号又はこれと相当する信号を殊更に無視し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転し、よって人を死傷させた者も同様とする。
 

危険運転致死傷罪は近年新たに設けられた犯罪形態で、悪質な危険運転を対象とする犯罪類型であり、刑罰も厳しく規定されています。

危険運転死傷罪の故意について、判例は、客観的に速度が速すぎて道路状況に応じた車両の進行が困難と判断されるような高速度で走行していることの認識があれば認められるとし、その速度が進行制御の困難な高速度と判断されることの認識までは要しないとしております。

「進行を制御することが困難な高速度」の意味について、判例は、一般的、類型的に見て、速度が速すぎるため自車の進路に沿った走行が困難な速度をいい、アルコールの影響のような運転時の運転者の心身状態等の個人的事情は、これを考慮しない趣旨であると判断しています。

自動車運転過失致傷罪

自動車を運転して過失によって人を死傷させた場合には、自動車運転過失致死傷罪として

  • 7年以下の懲役
  • 7年以下の禁錮
  • 100万円以下の罰金

に処せられます。
ただし、負傷の程度が軽い時には、情状により刑が免除されることがあります。

刑法211条1項

自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、7年以下の懲役若しくは禁固又は100万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。
 

交通犯罪の刑事弁護に関する素朴な疑問

交通犯罪のQ&A

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア