脅迫罪

第222条
1項 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
2項 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

脅迫罪は、社会通念上危害の至るべきことを通告すれば足り、被通告者が畏怖の念を抱くことは必要とされていません。

危害の告知がどのようなないようかは事案ごとに異なってきます。

恐喝罪

第249条
1項 人を恐喝して財物を交付させて者は10年以下の懲役に処する。
2項 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同項と同様とする。

権利行使に伴って、恐喝罪の成否が問題となります。
この点、判例は、権利行使が権利の範囲内であり、その方法が社会通念上忍容すべきものと認められる範囲を超えない限り、違法ではないが、その範囲を逸脱するときには違法となると判断しております。

  • 他人の犯罪行為を知る者が警察に告発すること自体は違法ではありませんが、その犯罪を口実にして口止め料を要求する行為は恐喝罪が成立します。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア