詐欺

詐欺罪は人を欺いて、財物を交付させたり、不法に利益を得る犯罪行為です(刑法246条)詐欺罪は10年以下の懲役刑に処せられます。

詐欺罪の具体例としては、「キセル乗車」「無銭飲食・無銭宿泊」「寸借詐欺」が昔からある身近な例ですが、最近は「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」「未公開株詐欺」などの一般の方の被害が多くなっており新聞を賑やかさせています。「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」「未公開株詐欺」は大規模な組織で行い、被害件数が多く、かつ被害金額の多額に上っていることから、警察も摘発に力を入れています。「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」「未公開株詐欺」では、首謀者から末端の預金口座の引き出し役(出し子と呼んでいます。)まで様々な役割分担がありますが、当弁護士法人で依頼を受ける被疑者は末端の出し子などで、アルバイト感覚で当初は「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」「未公開株詐欺」の事情を知らずに関与し途中になって詐欺だと知ることが多いケースです。ですから、「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」「未公開株詐欺」は誰もが被害者になりうる詐欺であるともに、犯罪に巻き込まれる可能性がある事案といえます。

詐欺罪の刑事弁護に関するQ&A

息子が知人から銀行預金をATMから引き出すだけでアルバイト料をもらえると聞いて、知人の指示に従って他人名義の銀行預金口座から預金を引き出して、引き出した預金の一部をアルバイト料として受け取り、残りを知人に渡していたら、その知人がオレオレ詐欺の首謀者として逮捕され、息子も詐欺罪で逮捕されました。どうしたらいいでしょうか?

本人が首謀者の知人からオレオレ詐欺の一環として預金口座から引き出すことを知っていたのかどうかがまず問題となってきます。息子本人は当初は聞かされていないとのことですが、オレオレ詐欺は多額の金銭の振込みをさせる犯罪ですから、銀行口座から引き出す金額も相当多額であったはずです。常識的に考えれば、当初は知らなくとも、引き出し金額が多額でそれも一度きりではないことや知人が自ら引き出さず息子さんに依頼していたことなどを考えれば、息子さんは知人に預金がどういう預金か聞いているか何らかの形で聞くのが通常です。したがって、息子さんがオレオレ詐欺の一環とは知らなかったと供述しても警察はその弁解を信じてくれないのが通常です。息子さんはオレオレ詐欺の詳しい実態までは知らなくとも漠然と知っていれば、詐欺罪の共同正犯として処断されます。もっとも、役割分担においては末端的であり、得た利得も多くないこと、示談や被害弁償の有無を元に執行猶予判決が出るか実刑判決が出るかが左右されます。仮に詐欺行為について実際なんら知らされず、別の名目での引き出しといわれそう信じることに合理的根拠があれば、詐欺罪ではなく、銀行のATMから引き出したことが窃盗罪に該当することになります。

オレオレ詐欺で事情を知って、銀行から預金を引き出す、出し子役をやったため起訴されたのですが、どのような弁護活動をしてくれるのですか?

まずは、被害者に対する示談、被害弁償をすることが刑事弁護で一番重要なことになります。もっとも、オレオレ詐欺の被害金額は多額ですから、被害金全額を示談ないし被害弁償することは事実上困難です。その場合には、出し子であれば、出し子をすることで得た利益を示談金や被害弁償金に当てることが考えられます。示談してもらえない、被害弁償金を受領してもらえない場合も当然ありますが、その場合には被害弁償金の一部を供託したり、贖罪寄付をすることで対応することになります。

それ以外の弁護活動としては、本人が関与した役割がオレオレ詐欺の中で末端の役割であることやオレオレ詐欺の被害金額のごく一部しか受領していないこと、反省の状況、身元引受人による情状証言などへの取り組みを上げることができます。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア