盗撮

盗撮とは

盗撮とは、駅構内のエスカレーターとか階段で前に立っている女性のスカートの内部を携帯電話のカメラやデジカメなどで無断で撮影する行為が主ですが、女性トイレ内に侵入してトイレ内にいる女性を無断で撮影することもあります。盗撮は、各都道府県で制定されている、いわゆる迷惑防止条例で処罰されています。

東京都の迷惑防止条例 第五条

何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であって、次に掲げるものをしてはならない。

二 公衆便所、公衆浴場、公衆が使用することができる更衣室その他公衆が通常衣服の全部若しくは一部を着けない状態でいる場所又は公共の場所若しくは公共の乗物において、人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること。

東京都の迷惑防止条例 第八条

次の各号のいずれかに該当する者は、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

二 第五条第一項又は第二項の規定に違反した者(次項に該当する者を除く。) 7 常習として第二項の違反行為をした者は、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する

従って、女性トイレ内に侵入しての盗撮は公衆トイレの場合にかぎられ、民間のビルのトイレ内の盗撮は建造物侵入罪で処罰されることになります。

また、盗撮を常習的に行っている場合には、上記条例8条7項で刑罰が加重されており、常習でない盗撮が6月以下の懲役又は50万円以下の罰金であるのに対して、常習的盗撮は、2年以下の懲役又は100万円以下の罰金と重く処罰されます。

盗撮の場合、検挙された事案だけでなく、それ以外にも盗撮をしていることが大半であり、逮捕時に盗撮に使用した携帯電話やデジカメが押収され、そこにそれ以外の盗撮の映像が残っていることが多いため、常習的盗撮として立件されることもあり得ます。

盗撮全般に関するQ&A

盗撮のQ&A

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア