窃盗罪の刑罰などについて教えてください。

A 窃盗罪については刑法235条にて、「他人の財物を窃取した者は窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」と規定しております。 身近な例としては、万引き、スリ、車上荒らし、事務所荒らし、他人の住居内に侵入して他人の物を盗む住居侵入窃盗などがあります。自転車を乗っている時に買い物袋を奪うひったくりは、買い物袋から手を離さなければ生命身体の危険が生じる状況があれば、窃盗ではなく強盗罪が成立します。 窃盗罪の場合には50万円以下の罰金刑もありますので、軽微な場合や示談が成立した場合などは略式命令による罰金刑で済み、公判請求に至らないことがあります。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア