執行猶予期間が満了すれば、それ以降犯罪を起こしても執行猶予はつきますか?

多くの方が誤解しやすいのは執行猶予期間が満了してしまえば、同一犯罪や別の犯罪を犯しても重大でなければ執行猶予がつくと考えられていることです。 猶予期間経過後に犯した犯罪内容にもよりますが、執行猶予満了から7年から8年未満ならば実刑判決がありうるとお考えください。ですから、自動車を運転していて人身事故を過失で犯しても実刑判決は十分あり得ます。 多くの裁判長は執行猶予付き有罪判決の言い渡しの際の説示として、猶予期間中のことしか言いません(すなわち、執行猶予期間中に犯罪を犯せば執行猶予取消となり実刑に服するとともに、新たに犯して犯罪も実刑となりダブルの実刑になる)。従って、猶予期間満了後こそ十分に注意してください。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア