警察からの被疑者として出頭要請を受けていますが、応じないとどうなりますか?

事例
警察からラーメン屋の看板の器物損壊事件の被疑者として取調べのために2回呼び出されていますが,面倒だったため呼び出しに応じていません。1度目は事情聴取の日程を直前でキャンセルしてしまい,2度目は連絡なしで警察署に行きませんでした。担当の警察官からは,これ以上事情聴取に応じないとなると,なんらかの手段を取る必要があると言われています。逮捕されることはあり得るのでしょうか。

コメント
逮捕されることはあり得ます。確かに,事件自体は器物損壊事件と重大犯罪ではありませんが,あなたが正当な理由なく出頭に応じないということになれば,その態度自体が逃亡の恐れ,証拠隠滅の恐れを推定させるからです。日程調整の上自ら警察に連絡し,事情聴取に応じたほうがよいでしょう。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア