示談ができなかった場合には・・・

Q 示談ができなかった場合には必ず起訴されて正式な刑事裁判を受けるのですか?

A 初犯であれば、迷惑防止条例違反の場合(強制わいせつ罪に該当しない場合)は略式起訴による罰金刑となります。

二度目の痴漢の場合には、痴漢の程度が強制わいせつ罪に該当しなくとも悪質と判断されれば迷惑防止条例違反で起訴されて正式な刑事裁判を受ける可能性もかなりの程度ありますが、罰金で終わることも少なくないと思います。それ以上になれば起訴、正式な刑事裁判となり、執行猶予付き懲役刑を判決で宣告されます。

もっとも、以前にも起訴されていて執行猶予中とか、執行猶予期間満了後5年未満の場合には実刑となるでしょう。

悪質な痴漢で強制わいせつ罪に該当する場合には強制わいせつ罪には罰金刑は定められておらず懲役刑で処罰されるため、略式起訴による罰金刑にはならず起訴されて正式裁判となります。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア