10日間の勾留を避けることは・・・

Q 痴漢をして逮捕されましたが、10日間の勾留を避けることはできますか?

A 痴漢をしたことを認めていて、本人の身元がしっかりしていれば、刑事弁護を担当する弁護士の交渉で、保釈となることは少なからずあります。

痴漢をしたことを認めていて、本人の身元(家族関係、仕事関係など)がしっかりしていれば、刑事弁護を担当する弁護士が、検察官に対して、必ず出頭することの誓約書、被害者と示談することの誓約書などを提出して弁護士が検察官と交渉することで、検察官が勾留請求せずに保釈することは少なからずあります。もっとも、痴漢の態様が悪質な場合には勾留請求となる場合があります。

検察官が弁護士の説得にも関わらず、勾留請求した場合には、弁護士が勾留請求を判断する裁判官に面会して勾留決定をださないように説得します。その結果勾留されないことも少なからずあります。裁判官は本人の身元関係がしっかりして認めている場合で、態様が悪質でなければ勾留を認めないことが多いと言えます。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア