痴漢をしたと誤解された場合も逮捕・・・

Q 満員電車で女性に手が触れたら痴漢をしたと誤解された場合も逮捕、それに続く勾留をされるのですか?

A 否認して警察の対応を見て、それでも逮捕されたら早急に弁護士に刑事弁護依頼してその後の対応を検討します。

数年前に痴漢冤罪が問題となったことから、以前と異なり、かなりの確率で逮捕勾留されるようなことはなくなったと思います。しかし、目撃者がいて痴漢の程度が軽微ではなく、本人が否認している場合には、逮捕そして勾留される可能性は高いと言えます。

逆に目撃者がいないかいたとしても目撃証言が明確ではなく痴漢の程度が軽微で痴漢冤罪の可能性が高い場合には、逮捕せずに手について繊維を採取するなどして帰宅させることも少なからずあります。

しかし、目撃者がいて目撃証言が明確な場合には、痴漢を疑われた方が否認すれば、逮捕だけでなくその後10日間の勾留となり、会社を解雇されたり、自営業者でも仕事に支障がでることが十分に考えられます。

これらのことを考えると、痴漢をしていないにもかかわらず痴漢と誤解された場合に否認を貫くかどうかは大変悩ましところです。その場合にどう対応するかは最終的には本人が決めるしかないのですが、否認を貫くのであれば、弁護士に刑事弁護を依頼したうえで、冤罪の可能性(犯人が他の者で誤認の可能性)が高い旨の上申書、身元がしっかりしており確実に捜査当局の出頭要請があれば出頭する旨の本人、家族の誓約書を提出して、弁護士が担当検察官に交渉して勾留請求をしないように働きかける、それでも検察官に勾留請求された場合には勾留するかどうかを決定する担当裁判官に面接して冤罪の可能性が高いことや出頭の誓約を強調して、勾留されないように弁護士が働きかけることが考えられます。裁判官が勾留をしない場合もありますし、勾留決定をする場合もあります。

他方で、否認しても被害が軽微だとか目撃証人がいない、いても明確ではない場合には、警察が本人を逮捕せずに、本人の服の繊維や爪などを採取して、警察が科学捜査をすることも少なからずあります。当弁護士法人にも同様の方が少なからず相談に来られていますが、科学捜査による証拠がなくそのまま捜査が打ち切られて事件が集結ということもかなりあります。

痴漢の事案自体は多くはシンプルと言えますが、身の覚えがないのに痴漢をしたとして駅員や警察に差し出された方の対応は難しいものがあります。事実として痴漢行為はもとより触ってもいないのであれば、否認して警察の対応を見て、それでも逮捕されたら早急に弁護士に刑事弁護依頼してその後の対応を検討するのが一番無難なように思います。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア