示談を取り付けられなかった場合には・・・

Q 盗撮で、被害女性との間で示談を取り付けられなかった場合には略式起訴による罰金になるのですか?

A 盗撮態様や悪質さの程度によりますが、初犯で悪質さの程度が低い場合には被害弁償金を被害者に受け取ってもらうことで不起訴処分になることはあります。

被害弁償金を受け取ってもらわなかった時には法務局に供託することで被害弁償をすることになります。

示談をするために弁護士は検察官を通して被害者の連絡先を聞いて示談交渉をするのですが、大半の場合、被害者が示談に応じることがなくとも弁護士から事情を聞いておきたいとの思いからとりあえず弁護士に会ってくれるものですが、時には被害感情が強い場合には弁護士に会うことも拒否される方もいます。それもやむを得ないところですが、その場合には住所が不明のため供託すらできないので、その時には贖罪寄付をすることをすることで、被害弁償に代えるという対応をしています。示談ができないからと言ってあきらめずできる限りのことをしていくことは重要だと思っています。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア