家族に秘密にしたいのですが・・・

Q 盗撮で検挙されたことを家族に内密にしたいのですが、可能ですか?

A 悪質な場合には、家宅捜索が行われることもあり得ます。

盗撮で押収された携帯電話やデジカメに保存されている映像が極めて多数であったり、盗撮した映像をインターネットを通じて流布していたなど悪質な場合には、家宅捜索が行われることもあり得ます。

そうなると、同居家族には盗撮の事は知られることになります。

家宅捜索がない場合でも、自身が今後二度と盗撮を行わないようにする歯止めにするために家族に話した方がいいと思います。

当弁護士法人に盗撮の弁護を依頼される方は家族に盗撮で検挙されたことを話しているケースが多いように思います。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア