押収された携帯のカメラに過去の写真データが・・・

Q 盗撮が見つかり警察に連行され、その後取り調べがあって自宅に戻れたのですが、実は今回だけでなくかなり前から盗撮をしていて、押収された携帯のカメラにそれら盗撮の写真データが入っています。この場合に今回以前の盗撮で警察に検挙されることはないのでしょうか。

A前科がある場合には常習的盗撮として重く処罰される可能性があります。

盗撮は通常女性のスカートなどの写真しかないことから、ストーカー的に盗撮をしていない限りは、盗撮の被害者が誰かを警察が知ることは困難です。

警察は被害届が出てから捜査をするのが通常ですから、被害者がどこの誰かが盗撮の被害者でいつどこで盗撮したかを知ることができなければ警察が捜査をすることは考えにくいといえます。その意味では心配はいりませんが、押収された携帯のカメラの映像を警察は把握していますから、その映像をどの駅でいつごろ撮影したかなどの取り調べはあります。理屈としては常習的な盗撮として単純な盗撮よりも重く処罰される可能性もありえますが、現実には過去の盗撮行為についてまで警察が捜査をすることは考えにくいところです。

これに対して、盗撮で過去にも検挙され処罰された前科がある場合には常習的盗撮として重く処罰される可能性があります。示談の取り付けができなければ、正式起訴もありえます。

では示談を取り付けることができた場合は不起訴になるかと言えば、常習的盗撮となると盗撮自体重大犯罪ではないものの常習性を重く見て、示談を取り付けても罰金が科される可能性も否定できません。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア