自室から覚せい剤が発見され・・・

Q 自宅で家宅捜索されて、自室から覚せい剤が発見されて押収されて、覚せい剤所持で起訴されてしまいました。何とかならないでしょうか。

A 捜索令状を示されず内容も読まれないでいきなり家宅捜索がされた場合には、押収された覚せい剤を違法収集証拠として排除することが可能です。

覚せい剤を自宅で所持していたこと、覚せい剤の認識があれば、実体法上は覚せい剤所持罪が成立します。

しかし、その覚せい剤の押収にあたり、捜索令状を示されず内容も読まれないでいきなり家宅捜索がされた場合には、令状主義の精神に著しく損なう重大な違法があったものとして、押収された覚せい剤を違法収集証拠として排除することが可能です。

覚せい剤自体が証拠から排除されるのですから、公判で無罪判決を勝ち取ることが可能となります。実際問題として、このような違法捜査が行われる可能性は極めて少ないと言えます。

しかし、稀ですが、実際にあるのも事実ですから、手続きが適正に法令に則って行われたか、法令を知らなくとも、手続きを記憶しておくことは意味のあることだと思います。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア