執行猶予期間中に薬物犯罪を犯してしまった場合どうなりますか?

事例 現在,半年前の覚せい剤自己使用事件で懲役1年半,執行猶予3年の判決を受け,現在執行猶予期間中なのですが,また覚せい剤に手を出してしまい,逮捕されてしまいました。刑務所に行くしかないのでしょうか。 コメント 執行猶予期間中に罪を犯した場合,①1年以下の懲役又は禁錮の言い渡しを受け,②情状に特に酌量すべきものがあるときに限り,執行猶予の判決を受けることになります(刑法25条2項本文)。あなたの場合,前回と同様に,しかも半年という短期間で再度覚せい剤を使用しており,反省していないと評価されますし,覚せい剤の自己使用自体,10年以下の懲役と重大犯罪であるので(覚せい剤取締法41条の3第1項1号),今回の裁判で1年以下の懲役の言い渡しを受ける可能性はほぼありません。したがって,実刑判決は避けられないでしょう。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア