淫行(青少年保護育成条例違反)(勾留阻止)

未成年の少女と性的関係を持ったとのことでー法律用語としてはこれを淫行(いんこう)と呼びますー警察に逮捕されましたが、警察から呼び出しを受けて刑事弁護の依頼を受けていましたので、十分反省していることや身元もしっかりとしており逃亡や証拠隠滅の恐れがないことから、検察官に勾留請求しないように働きかけましたが、勾留請求となり、裁判官に働きかけた結果勾留却下となり、釈放されて無事自宅に戻ることができ仕事への影響を最小限にとどめることができました。もっとも、青少年保護育成条例違反事件は示談しても不起訴とはならない事件ですので(被害者は少女ではなくて健全な社会の風俗が侵害されたという事件となります)、示談をしても刑事処分には影響はありません。もっとも、民事事件としての示談の意義は十分あります。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア