贈収賄罪(執行猶予)

贈収賄罪(詳細は避けさせていただきます)の刑事弁護を逮捕後間もなく依頼を受けました。贈収賄罪は事案の重大性、共犯事件であることから、拘留を阻止することは困難であるため、刑事弁護の力点は自白事件でしたので、起訴後早期の保釈、執行猶予を確実にすることにありました。幸い、保釈は起訴後最短日数で認められ、自宅に戻ることができました。公判弁護は贖罪寄付をしたりするなどした結果、執行猶予判決となりました。個人の利益が保護の対象となっている犯罪の場合には示談を取り付けて不起訴処分を勝ち取る、あるいは執行猶予を勝ち取ることが刑事弁護活動の中心となりますが、個人の利益が保護の対象とならない犯罪の場合には、早期の保釈、贖罪寄付をしたり、反省の情を十分に裁判所に理解してもらう、再犯の可能性がないことや身元引受人の監督が本人の更生にとり十分効果があることを裁判所に理解してもらうことが必要となってきます。

依頼しやすい料金設定に努めております。

緊急接見費用5万円

罪を認めている事件(裁判員裁判以外)の場合

起訴前弁護の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円
起訴後の依頼の場合
着手金:20万円
報酬金:30万円

外国人事件取扱い、通訳費用別途

表示価格は、税実費別となります。

刑事弁護費用詳細

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談ご利用下さい をご利用下さい(24時間受付)

お問い合わせはフリーダイヤル ご予約専用ダイヤル 0120-778-123

無料法律相談のご予約は24時間受付

上記が繋がりにくい場合は03-3436-5514まで

対応エリア